So-net無料ブログ作成
検索選択

お店で顔を覚えられるのが嫌だ。 [人間観察]

顔なじみの店というのは一般的には良いものとされていますが、店によりけり、という話。

もちろん一流の寿司屋やおしゃれなバーで顔を覚えられるのは嫌な気はしません。むしろ、もしそんな行きつけがあれば、誰かに自慢したいぐらいです。

しかし、悲しいかな、顔を覚えられる店は、覚えてほしくない店が多いのが現実。

その①
会社の近くにあるドトール。店長なのかどうかわかりませんが、フロアマネージャー的な人が客の顔を覚えるタイプの人で、頼んでもないのに「ブレンドですよね?ミルクだけでよろしかったですよね?」などと、知ってる体で接客をしてきます。

正直困惑してます。この人がいるせいでそのドトールには行きづらくなってます。
ドトールやその他コーヒーチェーン店の良さは気軽さが第一だと思います。店員はマニュアル通りに、むしろそっけなく対応してくれたほうが心地よく利用できるのですが、そこに人づきあいが発生すると一気に重くなります。

しかも、常にブレンド+ミルクが飲みたいわけではなく、時にはアイスも飲むし、時にはブラックで飲みたい時もあるんですよ。。


その②
最近は行っていませんが、かつて天下一品のとある店舗にコンスタントに行ってました。
といっても、せいぜい2週間か3週間に1回ぐらいです。

にもかかわらず、ここも名物フロアマネージャー的な人がいて、きっちり顔を覚えるタイプでした。ドトールよりはマシで、単に「毎度ありがとうございます」と言われるだけで、それ以上のことは何もないのですが、その表情が「俺はきっちり覚えてるよ。サービスが行き届いているだろ?」という感じが満々なのです。テンイチにそんなこと求めてないんですが・・・


以上、ドトールとテンイチ。
どちらも覚えていてほしくない店、いや、むしろ知ってても知らないふりをしてほしい店です。

共通するのは名物フロアマネージャーの存在。
なんとかして接客力をアピールしたいんでしょうが、残念ながらそんなことは求めていないのも共通です。

おしゃれなカフェか何かでいつもどうもと言われたいものだ・・・・

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。